志望動機
もし来年の筆記試験が受かったら面接は約1年後。
先生が「志望動機は今から1年間練りに練ってください」と。
この志望動機私もすごく気になってました。
面接が採用の半分の点数を占めてるだけに。

とりあえず面接カードをかかされてそれを元に面接らしいんですが
志望動機以外にも卒論についてとか趣味特技とかの質問項目もあるようです。
でも志望動機以外の質問項目については場つなぎ的なものでしかないとか…。

とりあえず今まで何度となく聞いた話は、当事者の立場になって
救ってあげたいみたいなニュアンスのことを喋ると即アウトらしいです。

ボランティアやってると有利って話は聞いたことあるけど
それも話し方次第なのか
「じゃーそのままボランティアでやればいいんじゃないの?」
って方向にいってしまうらしい。
他にも興味がある・経験がある・知識があるみたいな理由だと
「それ生かせるこういう仕事もあるよ?」とか紹介してくれる(笑)らしい。

どないせーと。
ああいえばこー言う状態じゃないかい。
民間じゃないからそこまで激しいツッコミはないらしいけど
興味(?)がなくなったら
「ふーん、じゃ、趣味は?」みたいな流れになるらしいです。

あー面接ってすごく苦手。な意識がある。

というか正直自分の中でもほんとにそんなやりたいのか、よくわからん。
ほんとにこのまま進んでっていいのかなってしょっちゅう思ったりする。
でももうちょっとしんどいからって一度こうしたいって決めた
自分の進路を消去法で変えてくのはやめないとなぁと。
なんか大学受験を思い出したのです。
確か高3の夏までは大阪にある某短大に行きたかったんだけど
オープンキャンパスに行ってなんか雰囲気がやだった。
でもって学校の場所もめっちゃ遠くて、ここに通うなんてーって思って。
即効で私の中でここはやめよーってなった。
でも今思えば理数系科目を捨てたくてしょうがなくて
その言い訳だったとしか思えない。

なもんで今このまま突っ走らなきゃ
私は一生消去法で人生歩んで行きそうな気がしてならない。

しかし志望動機ね…どんなんがご希望なんでしょうか。
一体何を求めてるのか見当もつかない。

ってかさしあたって来年4月の就職先について考えないとだのー。
posted by おばあちゃん
category:エクテン   comment:0 trackback:0

thema:ひとりごと - genre:日記


ムクムク↑
今日大学のエクステンションセンターに課題を出しに行った。
事務のお姉さんに引き止められて
「授業どう?」って聞かれた。

それこそ大学事務室のお姉さん(おばさん?)みたいに
事務的なことしかしない人だと思ってたから
そんな風に個人的に質問されるとは思ってなくて驚いた。
どうやら私が取ってるコースが今年から新設で
しかも受講人数も少ないから、どんなかんじか気になるらしい。

色々喋ってみて、
正直エクテンの授業は時間が限られすぎていて、
教養科目は頻出問題を、専門科目は出題の可能性が高そうなのを
ピンポイントで教えてるだけなので
授業でやったことの復習以上のことを自分でやらないとダメってのと
授業に来てる先生を最大限利用するべき(他の科目の質問をしてもいい)
ってことがわかった。

私、授業の復習だけで満足してたけど、
確かにこのペースで1年間やるにしても量少ないよなってうっすら思ってた。
やっぱだめなのか…。

でもその事務のお姉さんいっぱい励ましてくれて、アドバイスもしてくれて、
最後出て行くときに、応援してるからねって言ってくれてすごいやる気出た。
ありがとうお姉さん。
posted by おばあちゃん
category:エクテン   comment:0 trackback:0

thema:(`・ω・´)シャキーン - genre:日記


結構楽しい♪
以前とるかどうするか悩んでいた
大学のとある講座、やっぱとることにしました。
そんで先週から心理学と数的推理・判断推理の講義を受けてるのですが
独学でやろうなんて、甘かったって思いました。
もちろん独学でやって受かってる人もいっぱいいると思いますが
要領悪い私にはとてもこんなの一人で分析して解いていく能力ないなって思いました。
特に専門科目の心理学はその試験に対応した問題集が皆無なので。
記述だから自分の解答が良いのかどうかもわからないし。
その点毎週記述した答案を添削してもらえるからいいなーと思いました。
数的は数学って程のものじゃなく私でも解ける簡単なものなんですが
あらゆる公式をすっかり忘れ去ってる上に、
やっぱパッパカ解いてく練習が必要みたいです☆
私、試験をナメすぎてました。ハァ~。
今年は一応専門を社会学で受験するんですが(なにげに来週)
もう雰囲気を味わうレベルでしかないです。。
先は長いけど今年一年頑張ろう!
posted by おばあちゃん
category:エクテン   comment:0 trackback:0

thema:大学生日記 - genre:日記


| HOME |