いまだ思いだしては腹が立つこと
以前勤めていた会社をやめる時、
大阪支店で働いていたんだけど
当時の部長から「結婚で横浜に行くなら東京支店で働かないか?」
という話があった。
もうやめた後やりたいことが決まっていたけど、
キッパリ断るのも角が立つかなぁと思った私は
絶対断られるであろう条件、「9時‐17時でいいなら働きます」と答えた。
んで案の定「その条件は到底受け入れられないのでこの話はなかったことに。」となった。
ここからがひどい。
東京支店で「おばあが東京支店で働かせて下さいと言ってきたけど断ってやった。」
と社内の偉いさんが言いふらしていた。
はあ???????????????????
私がいつ働かせて下さいなんてお願いしたのか。
そんな嘘ついて何の意味があるのか。
しかも話が終わった後に「誰にでも持ちかける話じゃないから、他言しないように。」
って私に口止めしておきながら、会社側の都合の良いように言いふらしてるんだから余計タチが悪い。
口止めしたのはそのためかい?
会社には色々お世話になったなーと思っていたけど、最後の最後で腹が立ち過ぎて
私の中で微妙な会社です。いまいち消費者として貢献したいとも思えない。
でもやっぱり大阪支店の人にはすごくお世話になったから感謝する気持ちもありーの。
複雑な心境。
で、何でそんなことを東京支店で言われてるかってことを知ったかというと、
やめる直前の同期の飲み会で、教えられたので。
その場で怒りながらちゃんと否定して、溜飲はある程度下げていたので、
年数も経って忘れかけていたんだけど、
この前同期の結婚式に呼ばれ、またその話が蒸し返された。
しかも、ちゃんと否定しておいたはずなのに
「おばあがやめた後、東京支店に来てほしいなって話になってて、
会社の方から断ったくせに今更何いっとんねんって思ったわ~」という話にまたなっているではないか。
そして数年ぶりにまた怒りがふつふつとわき上がったのでありました。
めんどくさいからもう否定もせず「ふーん」と言っといたけど
思いだすとムカつくからやっぱりあの時もう一度否定しておけばよかった!後悔!
そういえばこっちにうつってからもう一度誘いの電話があったのよ。
うちで働かないか。って。
その時はもう違う仕事してたから迷いもなく断ったけど、
こんな話会社の人には誰にも信じてもらえないんだろうな~。あー…悔しい。
なのでブログに書き散らかしてちょっと発散。

ちなみに、当時目指していた仕事は結局なれず。
なんか試験へのモチベーションもあがらず、ダラダラ勉強はしてたけど結局受けなかったんだよね。
受けても落ちただろうなーって思うけど。
受験できる最終年が丁度出産予定の月とかぶって、もう受験はないなーというかんじで終わりました。
んで並行して勉強していた別の仕事に今ついてるんだけど(内容は近くはないけど遠すぎでもない)
この仕事も上司がまた、勤務初日からはぁ?????????????
っていう暴言を吐くような人だったけど
仕事自体はとても楽しく毎日やってて、そう、私のやりたかったことはこういうことなの!というかんじで
とっても充実してるー!転職してよかった。
私に再度モラトリアム期間を与えてくれた旦那に感謝。
いや、本当は主婦のはずだったんだけど片づけができないという致命的な主婦でした。
主婦業がちゃんと果たせていなかったと自分でも認識しているのでモラトリアムとさせていただきました。
でもそれ以外のことはそれなりにやってたつもり☆エヘ
posted by おばあちゃん
category:日常   comment:0 trackback:0

PREV | HOME |