スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by おばあちゃん
category:スポンサー広告  

岡山日帰り旅行♪
岡山へ両親と行ってきました!

目的地は満奇洞という名の鍾乳洞だったのですが
メインは私の運転練習。
朝9時に家を出て帰ってきたのは夜22時半。
体力の限界だったので夜8時頃には
父と運転を替わってもらいましたがそれにしても疲れた!!
よかった事故らなくて。

今回は母のリクエストでこの目的地に決まったのですが
前から彼女はやたら洞窟へ行きたがる。なぜだろう。

☆☆★★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆★
満奇洞はとってもさびれた所にありました。
ついた時は観光客はうちの家族だけというさびれっぷり。
そして入場料1000円。高…。
入場の受付の小屋にいる人を何となく中年か老人の
おじちゃんorおばちゃんを想像しながら行ったのですが
小屋の中には20代後半くらいの美人なお姉さんいたのでめちゃくちゃびびりました。

天井が低いということでヘルメットを借りいざ洞窟内へ!
寒い!!
気温が16度くらいに保たれてるようで、そんな低いわけじゃないけど
外が32度のとこから来たから寒いのなんの。
きっと冬に来たらあったかいんだろうなぁ。

中腰になりながら洞窟内を回る。
ここはヘルメット借りて正解だった。
ふとした瞬間に頭ぶつけるんだよね。
中はとっても綺麗でした。
鍾乳洞って珊瑚でできてるんだよね?
なんか、昔はここが海の中にあったって思うと
すごい不思議な気分になった。
なんせ山の上にあるし。

ちなみに父の洞内での感想
「こんなとこミニスカートで来たら(かがんだ時)パンツ丸見えやなぁ」

こんなとこに来てまで何考えてるんだろう。

洞窟探索(短いので20分くらいで終わった)を終えて外に出ると
真面目そーな彼氏とギャルっぽい彼女が入っていくところだった。

私「今のオネーチャンめっちゃミニやったやん」
母「あれは彼氏後ろついていくな」
父「羨ましい…」

というバカな会話を繰り広げつつ車に戻りました。
そうそう、駐車場から洞窟に行くまでの道のりに
無人で野菜が売ってるのだけどめちゃくちゃ安い。
ナスとピーマンはなくなってたけど
カボチャ1個100円or150円
たまねぎ袋に一杯100円
じゃがいも袋に一杯100円

母がいそいそと買って帰ってました。

★★☆☆★★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆

すぐ終わっちゃったのでもう一箇所くらどこかへ行こうってことになって
おにぎりを食べながら行きたいとこ探し。
またまた母のリクエストで弁柄の里へ行くことになりました。
ここへ行くのに迷って時間を結構ロスしたなー。
そして着いた先は弁柄の町並み(←母はこれが見たかった)
ではなく、弁柄の坑道。
またヘルメットをかぶるハメに(笑)
ここもやっぱり涼しかったーそして天井低かった。
白菊のお酒の貯蔵庫があったし。
中は当時この坑道で働いてた人たちの人形がいっぱい。
大変な仕事だっただろうな~と思いました。
あれ当時絶対死人とか出ただろうなと思うんだけどどうなんだろう。

受付のおじちゃんに道を聞いてようやく弁柄の町並みのあるところに
たどり着きました!
家の壁とか格子が朱色なんだよ。
伝統建物郡保存地区(?)らしく
今の町並みを保つように色々改修とか行われてるみたいです。
そこ見終わったらなんだかんだでいい時間。

一路神戸へ~☆

☆☆★★★☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆☆☆★

ここの行き帰り、細い山道を通ったのですが
ちょこちょこ車とすれ違う。
けどこれが私にはめちゃくちゃ怖い!!
スピード出したまますれ違う技術が私にはないので
ゆっくり(でも40キロは出してたんだけどな)進んでると
軽トラにあおられ、しまいにはクラクションを鳴らされました。
凹んだ。
広いとこに出たとき道をゆずったのですが
父「運転替わってわしが後ろからあおり返したろか?」
イヤイヤイヤイヤ!!;
こんなとこでいざこざに巻き込まれたくないっす。

あ、そうそう、運転での収穫といえば
工事中の道が、対向車同士で一車線しか使えないところ。
私、人が立ってて旗を振ってくれてるのしか知らなかったんだけど
信号機ってのがあるんですね!!
初遭遇の時、全く気づかず赤信号なのに直進
横から父の怒声「どこ見て運転しとんじゃ!!!死ぬ気か!!」
たまたま青に変わる寸前だったみたいで
工事地帯をぬけると向こうで車が停車してましたが。
あぶなかった~あやうく正面衝突するとこだった。
ちゃんと覚えておこう。

あと何があったかな。
そう、母がさだまさしとかイルカとかの入ってるCDを持ってきてたのだけど
父はそのラインナップの頃にはもう働いてたからあんまり聴いたことないと。
私「じゃーお父さんの時代は何聴いとったん?」
父「おとみさんとか」
私「おとみさん!?『死んだはずだよおとみさん~♪』のあれ??」
父「うん」

どんな時代だ。想像もつかん。



そんなこんなで家に着く前に私のリクエストで回転寿司で
たらふく食べて帰りました。
ふー。疲れたけど楽しかった!!



posted by おばあちゃん
category:イベント   comment:0 trackback:0

thema:日記 - genre:日記


comment
comment posting














 

Trackback URL
http://tamazi.blog17.fc2.com/tb.php/161-82672b48
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。