スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by おばあちゃん
category:スポンサー広告  

ドリーム衣類
「もう服が小さくなったから着られないね」

とは子どもの頃によく言われた言葉。
これって体が成長してるからこその言葉なのに、
私はそのままの意味で受け取り、服は年々縮んでいくものだと勘違いしていました。
なもんで、いつかはリカちゃん人形に着せたいけど、
さすがにリカちゃんサイズにまで小さくなるには、途方もない時間がかかると
子供ながらに判断し、母に「服を捨てないで!リカちゃんに着せるから!」とは言えなかったな。

今となっては笑い話…のはずだったけど、

洗濯する度に小さくなっていく服があります。
去年買った服で、買った時は普通サイズのジャケットだったのに
今やすっかり子どもサイズになってしまって、入らなくなりました。
無理やり着てみたけどキツすぎて血管破裂するかと思ったのでやめました。
これってもしや洗濯を繰り返せばリカちゃんサイズも夢じゃない??

まぁ…もう我が家にリカちゃんはいませんが。

母には「ウール100を普通に洗濯するなんてアホか」と言われました。
posted by おばあちゃん
category:日常   comment:2 trackback:0

thema:日記 - genre:日記


comment
楽しく読ませてもらいました☆ありがとうございます。

そっかぁ・・服がどんどん縮んでリカちゃんサイズにという発想は初めてで新鮮でした!
9月に帰省した時にそごうでリカちゃん展なるものをやっていました。いつになってもリカちゃんは女性の夢かもしれません笑
2008/10/28 23:23 | | edit posted by ちろ
>ちぃちゃん
たぶん子どもの頃って誰しもが大人には思いもよらないことを考えてたりしてたんだろうね。私はたまたまその記憶の一部が残っていただけで。そういうポロっとでるわけわからない発言が子育ての楽しさかもしれないね(笑)
リカちゃん展があったんだ!
なんか見てるだけでワクワクしそうだねー♪
2008/11/02 22:54 | | edit posted by おばあちゃん
comment posting














 

Trackback URL
http://tamazi.blog17.fc2.com/tb.php/334-7b27daf9
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。