スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by おばあちゃん
category:スポンサー広告  

地震のこと
今年はいやに阪神淡路大震災を振り返る番組をよく見るなぁと思ったら

15年という節目の年だからかな?

節目節目で強く思い返すことは大事なことだなと思いました。

もう最近はあまり思い出さなくなってたんだけど、

こんなに色んな番組を見たら、それはもう思い出しました。

というか、思い出そうと思えば、いつだって思い出せるんだけど。


小刻みな揺れと本棚から本がバサバサ落ちる音で目が覚めて、

何が起こっているのか理解できぬうちに

ゴゴゴゴゴゴゴゴと大きな地鳴りが急激な勢いで近づいてきて

それが地鳴りか何なのかすらわからなかったけど

とにかく「何か来る!!!」という恐怖で急いで布団を頭からかぶった瞬間、

地面の下から大きく突き上げられました。

その後はひたすら激しい揺れが続き、

それと同時に横にあったタンス2棹が自分の上に倒れてきて、

身動きひとつ取れない状況になりました。

助けを求めても外に聞こえてる様子もなく、

自分もあまりに苦しくてすぐにやめてしまいました。

一緒に寝ていた母と姉は私が死んだと思ったらしいし、

今にして思い返すと、本当に生きてたのが奇跡だって思います。

明るくなってから分かったことは、タンスの1棹はイスの上に斜めに乗っていて、

もう1棹は先に倒れたカバン掛けに刺さって倒れていたので、

衝撃と重さがかなり軽減されたんだってことです。

あの時の恐怖と衝撃は、いくら時が経っても

自分の中で風化はしないと思うし、できないと思う。

でも実際家族を、親しい人を亡くした人、家を失くした人

生死を彷徨った人、傷を負った人、壮絶な現場に居合わせた人に比べれば

なんてことない出来事で、幸せで、語ることもおこがましいのですが。

神戸新聞の7日間を見て、本当に辛い思いをした人が沢山いたんだって再認識しました。

きっとこの1月17日が来るたびにやりきれない気持ちになる人もいるんだろうな。

なんか久しぶりに、あー私がんばらなきゃだめだって思いました。

あの災害が今後の教訓になればいいと思うし、自分もしてかないと、と改めて思いました。

そんな1月17日でした。
posted by おばあちゃん
category:未分類   comment:0 trackback:0

comment
comment posting














 

Trackback URL
http://tamazi.blog17.fc2.com/tb.php/422-e1677aec
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。